車の買い替え考えよう!査定のすすめ!

車を買い替えようと思ったらネットや広告それとチラシなんかを見ていると
買い取りと下取りいうこの2つの言葉をよく見かけませんか?

 

その時に、違いがあるのか気になることはないですか?

 

どちらも買ってもらうという意味とは思うけど実際深く考えることはない
という方が多いのではないですか?

 

私も実は最近までまったく気にしてなかったですから

 

ですがちょっと気になって少し調べてみたら同じ意味・・・
あれ?

 

ちょっとした疑問が単純な答えで一瞬にして完結されてしまいました。

 

ですが、このまま終わっても納得ができないのでさらに調べてみたら
ただ流れが違うという事だそうです。
それが以下の内容

 

買い取り=ただ売るという事です。
下取り =買取ってもらってその金額を新しく購入するものから差し引いてもらう事。

 

ざっくりといえばこんな感じです。

 

 

では、少し内容が変わりますが
車の場合メリットとデメリットがそれぞれにあるので説明します。

 

 

買い取りの場合
【メリット】…いろんなところで査定をしてもらう事で、少しでも査定額が良かったところに売ることができる。
      中古車販売店に売却が無難。
      知人やネットオークションという方法もあります。(オークションの場合トラブル要注意です)

 

【デメリット】…新車を購入するタイミングが合わせにくい。
       通勤で車を使用している人の場合1日でも車がなければ困る。
       下取りと比較すると、手続きが少々面倒。

 

 

下取りの場合
【メリット】…とにかく足を運ぶ手間が省ける。
      忙しい人には手間が省けて良いのでは。
      買取ってもらって購入する、営業の担当が一人で済む。
      購入する車の納期が遅い場合下取り時期をのばくれるので安心。
      下取りに出すことで、新車の値引き交渉もしやすい。

 

【デメリット】…ディーラーによっては得意な車種や不得意な車種がある。
       中古車専門店の買い取り価格と比べて、査定額が低くなる可能性が高い。
       絶対ではないにしても10〜20万もしくはそれ以上の差がでることもある。

 

 

どちらもメリットとデメリットがあり
人によっても、どちらが良いか分かれるはずですので独断と偏見で決めることはできないですけど
お金の事を考えるのであれば査定額が良いお店で買い取りをして購入するのが良いですね。

 

 

 

こちらも参考になります